会計freee 決算・税務申告のみ対応プラン

 会計reeeをお使いの方は期中の会計については自分でやるので、決算と税務申告または税務申告だけやってほしいという方も多くいらっしゃいます。当事務所は会計freeeで経理を行っている方で入力などはいいので決算と税務申告だけを安く行ってほしいというご要望に対応します。

 年間の会計reeeの操作指導や期中の税務相談はありませんが決算・申告のみということで料金表をご提示します。格安年間まとめてプラン会計freeeです。もう税理士の顧問契約は必要ないという方、小さい会社なので決算と申告だけ十分という方はご覧ください。

会計freee・マネーフォワード

決算・申告のみ料金表  法人用

決算・法人税・消費税・地方税申告書一式・電子申告・納付書含みます

売上高(万円・税込) 年間決算申告料金
(消費税込)
  〜   500 187,000 
500 〜 700 198,000 
700  〜 1,000 209,000 
1,000 〜 1,500 220,000 
1,500 〜 2,000 231,000 
2,000 〜 3,000 253,000 
3,000 〜 4,000 275,000 
   
   
  売上高に対する料金:消費税税込

(1)年一決算 会計reee マネーフォワード サービス内容

@決算・法人税・消費税・地方税申告書・内訳概況書作成

A電子申告・納付書作成

B修正・追加仕訳200まで料金に含まれます

C所得拡大税制・消費税還付など税額控除や特別償却がある場合は別途1万円〜お見積もりいたします。

D会計freee、マネークラウドのソフトの操作方法、期中の税務相談は含まれません。期中税務相談が必要な場合は、内容によりますが1案件1万円〜でお見積もりいたします。決算期間中は決算に関する内容は、経理処理、税務相談も含め対応いたします。

 

(2)連絡方法

チャットワーク・ライン・メール・無料クラウド・電話・ZOOM・MEETなどで対応いたします。

 

(3)お引き受けできない場合

@入力内容に誤りが多い場合など修正箇所がたくさんある場合

A決算手続き中に連絡が取れない方

B必要な資料がいただけない場合

会計freee 格安 年一決算

 会計freeeをお使いの社長は経理処理を毎月ご自分で入力し経理の内容を確認していることと思います。そうでしたら税理士の顧問契約を頼むのではなく年一で決算・税務申告だけを依頼したほうが経理に係る年間費用が安くなります。

 せっかくクラウド会計を使っているのですから経理の費用を安くして、そして決算や税務申告などどうしても時間のかかりそうなところだけ税理士に任せるという方法が良いです。税務申告まで自社で行うと税務申告ソフトなども毎年更新しなければなりませんので高くなってしまいます。実際つかってみると覚えることがおおく時間がかかり、本業をしていた方がストレスがないと思います。

 そこで会計freee、マネーフォワードなどクラウド会計をご使用の方限定で年一決算のコースを設けました。小さい会社の方が対象です。売上高で4千万円までの方を対象としています。4千万円を超えるようでしたら複雑な取引が多くなる可能性が出てきますので、期中の仕訳を年一決算のみにすると損をしてしまうこともあるからです。

 消費税は簡易課税、業種は1つとかで会計freeeを使用している社長はぜひ年一決算をご利用いただけましたらと思います。売上高2000万円で税抜21万円です。税理士の顧問料の相場では40〜50万円になると思いますのでだいぶ経費節約できると思います。

 ただし期中の税務相談とか会計freeeの操作とかはサービスには含まれていません。あくまで小さい会社であまり相談することがないというような社長が対象になっています。しかし年間1回くらい聞いてみたいという場合は、内容にもよりますが1回1万円〜税務相談をお引き受けいたします。

 役員報酬を変更する場合とかが該当すると思います。役員報酬の変更でしたら1万円〜となっていますが1万円です。通常は1万円で十分と思いますが、資料を作る場合とか、資産計上で特別償却するとか、相手方ともめている取引とか複雑になる場合はもう少し高くなる可能性がありますが、普通は小規模の会社様ですとないと思います。

修正・追加仕分け200まで

 修正・追加仕分けは200仕訳まで料金に入っています。これは料金をわかりやすくして追加料金とかをしないようにするためです。逆に、修正・追加仕分けが200仕訳を超えるようでしたらミスが多いので一度期中から税理士をつけてミスのない登録をしたほうが良いと思います。

 修正・追加200仕訳ですので通常はこの中で納まってしまい追加料金が出ることはないですのでご安心ください。

会計freee 操作サポート

 同じクラウド会計でも会計reeeは料金がマネークラウドより安いです。その分使いずらいかもしれません。よくあるお問い合わせで会計reeeの操作がわからないので、経理もわからないしそれなら税理士に頼もうかという方がいることです。

 でももしそうなら記帳代行を頼んだ方が良いかもしれません。労務管理や請求管理が連動しているということはあると思いますが、経理の操作がわからないために税理士に顧問料を支払うのでしたら、ご自分でやって高い料金を支払ってしまう可能性があります。

 会計freeeには料金プランでベーシックの3,980円のコースが用意されています。通常小さい会社の方が安いので使用している1,980円プランより2千円高いのですが、この料金プランには会計freeeの操作の電話サポートがついています。電話サポートがあれば操作の問題は解決できます。そして年間の差額は2万4千円ですので操作がわからないので税理士契約をするかということにはらないでしょう。

 操作がわからないはじめて1,2年は3,980円のコースで操作に関することは会計reeeに電話で聞いて決算まで入力し、決算と申告だけ安い税理士に任せるという方法がベストと思います。

決算手続き中の税務相談

 期中税務相談はこの年一決算申告プランには含まれませんが、決算手続きをしているとき経理担当者に会社に係る税務相談などをすることは料金に含まれています。役員報酬をどうしたらよいか、倒産防止掛金に加入したほうが良いか、社会保険料は年間どのくらいになるかなど経理に関する疑問がありましたら決算手続き中に経理担当者にご質問ください。

 会計reeeをお使いになり経理をしようとしている方であれば、決算手続き中に疑問点を聞いてしまえば期中の質問はほとんどないのではと考えます。できるだけ無駄な経理に係る経費に係る費用を省くという観点からも会計reeeをお使いで期中の入力がほぼできるという方はこちらのプランをおすすめいたします。

▲このページのトップに戻る