養子縁組の代襲相続人

 養子は実子と変わらないので相続の時など同じ権利を持つことになります。たまに相談があるのですが相続人の特定が難しいので相続人を特定してほしいというものです。行政書士の分野なのかもしれません。私たちは分割協議書を作成するとき相続人が誰かを特定するため出生から死亡までの戸籍謄本等を確認します。このとき相続人に子供がいないで親がなくなっている場合など複雑になる可能性があります。

 養子の代襲相続では税務的に影響のあるいろいろなことが考えられます。養子になる場合養子になったときから法定血族ですのでそのなった日以前は他人ということになります。養子になった日から法律で実施と変わらないので相続人のになります。

 そうなると養子になった日より前に生まれた子供と良い市になった後に生まれた子供の法定血族関係にも影響してきます。

 こういったことは預金の払い戻しの時も相続人が複雑な場合関係してきます。・・・・作成中

▲このページのトップに戻る