個人のものを会社に移す

 節税対策として個人の物を会社に移すということを質問されることがあります。逆の場合もあります。会社の物を個人に移すというものです。例えば今借りているマンションは居住用のもので社長が個人で借りているとします。この契約を会社に切り替えるとどうなるか、節税になるかということがよく質問されます。

 法人税からすれば、個人で借りている時経費にできる部分は事業で使用している部分ということになります。でも所得税とは違いますので個人で借りている部分のうち会社に社長個人が転貸している部分ということになります。その部分は1か月いくらという感じで会社から家賃を請求することになります。

 会社はその家賃分が経費になります。このとき会社は事業用で使用しているので、そのマンションが事業用で使用することを許していないときはどうなるのかということがよくいわれます。私はそれは関係ないと思います。マンション規約で事業用として使えないとしていても、実際事業用として契約しているのですから事業用になると思います。

 消費税も居住用と明記している時だけ、契約書から非課税は判断するということですから課税仕入れで良いと考えます。この場合その転貸を受けている部屋だけの家賃分だけが経費になります。その家賃は相場で決まりますから、社長が個人で借りている全体の金額を超えることは想定できません。一部しか貸していないのですから。

 よって10万円で借りているのでしたら、1部屋分会社に貸すと適当ですが3万円とかになり、それが会社の経費になります。その居住用のマンションを会社名義で借りた場合です。 ・・・作成中

▲このページのトップに戻る