ある日の業務連絡

 今のところ影響はないのですが、会計業界もコロナで仕事が減るかもしれません。減ったとしても人がいなくなるわけではありませんので、仕事がなくなることはないと思います。こういった場合会計業界で生き残る方法は1つだけで単純です。勉強を続けることです。特別な能力のある人は別ですがそういった人は会計業界には少ないと思います。

  下の図は年金の将来もらえる金額の概算です。この金額で60〜65歳以降暮らしていけるはずがありません。よって私たちは元気で75歳くらいまで働き続けなければなりません。しかし会計事務所で60歳を超えて働くには資格が必要になると思います。

  特に男性ですが資格がないとこの業界で長く働くことは難しいです。企業と違い個人の知識を商品として売っている業界だからです。現在社会保険に加入している方は長く働くため資格取得を目指してください。税理士でなくてもよいです。社会保険労務士でも中小企業診断士でも行政書士でも何か専門性があれば生活できると思います。

 私たちは企業のような大きい組織で人と多くつながったり、子会社がたくさんあったり、他にはないい特別な技術を研究していたりするものではないです。だから自分だけが頼りになります。そのためには勉強を資格を取得する必要があります。

  下記の金額を見せて不安にさせるつもりはないのですが、現実を見ない方が会計事務所の男性に多くいます。下記の現実を分かったうえで、まだ若いのですから、急がないでも大丈夫なので、少しづつ勉強を積み上げていってください。

 以下の表はHPで見つけたものです。多分正しいのだと思います。これでは少なくとも75歳くらいまでは元気で働かないと無理だと思います。できれば80歳近くまで元気で働きたいものです。

今のところ影響はないのですが、会計業界もコロナで仕事が減るかもしれません。減ったとしても人がいなくなるわけではありませんので、仕事がなくなることはないと思います。こういった場合会計業界で生き残る方法は1つだけで単純です。勉強を続けることです。特別な能力のある人は別ですがそういった人は会計業界には少ないと思います。

 

 下の図は年金の将来もらえる金額の概算です。この金額で60〜65歳以降暮らしていけるはずがありません。よって私たちは元気で75歳くらいまで働き続けなければなりません。しかし会計事務所で60歳を超えて働くには資格が必要になると思います。

 

 特に男性ですが資格がないとこの業界で長く働くことは難しいです。企業と違い個人の知識を商品として売っている業界だからです。現在社会保険に加入している方は長く働くため資格取得を目指してください。

  下記の金額を見せて不安にさせるつもりはないのですが、現実を見ない方が会計事務所の男性に多くいます。下記の現実を分かったうえで、まだ若いのですから、急がないでも大丈夫なので、少しづつ勉強を積み上げていってください。

今のところ影響はないのですが、会計業界もコロナで仕事が減るかもしれません。減ったとしても人がいなくなるわけではありませんので、仕事がなくなることはないと思います。こういった場合会計業界で生き残る方法は1つだけで単純です。勉強を続けることです。特別な能力のある人は別ですがそういった人は会計業界には少ないと思います。

 

 下の図は年金の将来もらえる金額の概算です。この金額で60〜65歳以降暮らしていけるはずがありません。よって私たちは元気で75歳くらいまで働き続けなければなりません。しかし会計事務所で60歳を超えて働くには資格が必要になると思います。

 

 特に男性ですが資格がないとこの業界で長く働くことは難しいです。企業と違い個人の知識を商品として売っている業界だからです。現在社会保険に加入している方は長く働くため資格取得を目指してください。

  下記の金額を見せて不安にさせるつもりはないのですが、現実を見ない方が会計事務所の男性に多くいます。下記の現実を分かったうえで、まだ若いのですから、急がないでも大丈夫なので、少しづつ勉強を積み上げていってください。


     国民年金と厚生年金に38年間加入した場合 月額

 在職中の平均年収   国民年金と厚生年金合計

  350万円・・・・・・・・12.4万円

  450万円・・・・・・・・14.2万円

  550万円・・・・・・・・15.9万円

  650万円・・・・・・・・17.8万円

   ・・・

▲このページのトップに戻る