建設業許可料金・費用(埼玉県全域・豊島区・新宿区・練馬区・台東区・北区・足立区対応)

建設業許可は独特の様式と記入の仕方、専任技術者や経営責任者の考え方を間違うと対象にならないことがあり、専門知識のある税理士・行政書士に依頼する方が安心です。

要件の不足する方はどのようにすれば要件を満たすことができるかご相談にも応じます。

新規知事許可一式 

一般建設業許可 165,000円(税込表示、以下同じ)。日当交通費などはこの中に含まれます。

別途埼玉県に申請手数料9万円がかかります。

★建設業許可は取得するための重要な要件が3つあります。

@ 専任技術者の資格があること

A 経営管理者の資格があること

B 資金が500万円あること、です。

@Aの要件はいろいろなパターンがあるためご相談いただけましたら、専門の行政書士が、該当するかどのようにすれば該当するかをご回答させていただきます。

事業年度報告書

33,000円

★この報告書は、毎事業年度が終了したら県に決算書のようなものを報告するものです。この報告書がないと5年後の許可更新ができません。期限から遅くなっても受け付けないことはないのですが、許可更新までには全部出さないといけないものです。

▲このページのトップに戻る