過年度分の決算・申告もお気軽にどうぞ

 何らかの理由で、会社の決算と確定申告を何期分か提出しないままになってしまった会社の方からよくお問い合わせがあります。過年度の決算申告であっても赤字なら問題ありませんし、今後事業をするうえで会社の申告が必要になったときはお気軽にお問い合わせください。

 何期かまとまると料金が高くなってしまいますので、年間まとめて決算申告の料金の1〜2割引きで申告書一式作成させていただきます。内容によりますので、2、3期まとめて決算申告が必要なときはお見積りさせていただきます。

 期限後申告になりますと、個人事業者の場合のほうが税金が多く出る可能性があります。しかし、税金が多く出る可能性があるということは、あとで税務署からまとめて調査されるとさらに税金の加算がある可能性が出てくるということになります。

 個人事業者の場合、赤字ということになれば生活ができないのが普通です。よって、少なくとも所得税と住民税はでます。国民健康保険のときは国民健康保険も課税されますし、所得が多いときは事業税も課税されます。さらに、売上高1千万円を超えていれば消費税がありますので、延滞税や加算税も大きくなる傾向があります。期限後申告をしなければならない方は、できるだけ早い段階で決断し、申告して、事業に集中したほうが良いと思います。

▲このページのトップに戻る